「IBOOKは不眠症ーPABUと呼ばれて」

このお話は2005年にブログで書いていたものです。
私はMacが好きで、昔からMacを使ってきました。
当時使っていたノートパソコンを主人公にしたミニストーリーです。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その1

 私はiBook、このブログをアップロードしているノートパソコンでございます。アップル社製でリンゴのマークを拝しておりますが、今流行のiPodとやらには、まだ会ったことがございません。Windowsに比べて、極々少数派でございますが、どうぞ、お見知りおきを。

 私のご主人様は江口真代という方です。以前は、その方のご亭主様がご主人様でした。ご亭主様がiBook・G4をお使いになることになり、私は夫人に譲られたわけです。もうかれこれ一年以上になりますか、以来、堪え忍ぶ日々が続いております。

 私が初めて江口家へお目見えした時は、先代のご主人様が金沢での長期制作がお決まりになられた頃でした。それまでお使いだったノートパソコンでは、お仕事に支障を来すことが予想され、急なことでしたようで、当時店頭に並んでいた兄弟の仲で、私をお選びになったわけでした。その後すぐに、私がCDを焼けないことで、随分後悔されたようです。私には与えられた能力しかないのでお力になれず、悲しい思いをしました。

 私は、そんな経歴からおわかりかと思われますが、現在、最新型にはほど遠く、むしろ、結構古めなわけです。プロセッサはG3、クロック周波数は500、メモリも384程であります。けっして、早くは動けないのです。私は機械ですので、気合いで早くなれないのです。でも真代様は、もたもたする私に「何やってんのよっ!」と苛立たれて、キーを、あぁ、そんなに強くた叩かないでくださいマシ、とれてしまいすぅ・・・

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その2

 私、真代様にPABUと呼ばれているのです。なんでも以前より、真代様の歴代ノートパソコンはPABUに決まっていたようで、(「パワーブック」に由来するようですね、私はPowerBookではないのですけど )ちなみに真代様のメイン機は、コレもまたちょっと古めのG4なのですが、FUFUと呼ばれております。初めてお使いになった時、思わずフフッと笑みの出る速さだったそうで、私と同様、今は見劣りを否めないのですが・・・

ご主人様が真代様に替わり、私は激変しました。
まず、そもそも、ご亭主様が私を手放した直接的な原因を。それは私が食あたりを起こしたことにあったのです。
当時私のお腹は10Gほどで、OS9で動いておりました。それなりに日々の職務をこなしていたのですが、急な食あたりで、お腹を壊してしまいました。ご亭主様は思いがけず予定になかった選択を迫られたわけです。私をクイックガレージに緊急入院させて、すぐにお腹を取り替えて仕事に復帰させるか、ソフマップワランティーで長期入院をさせて、私の変わりに新たに新型を雇うか、そして、ご亭主様は後者を選択なさいました。
かねてよりご夫人である真代様がお出かけの際のサブ機を望んでおいでだったこともありますが、実はすでに私では役不足になっていたことが、なんと言っても一番の理由だったのでしょう。
そして私は、江口家へ来る前里親であったソフマップへ長期入院となったのです。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その3

 ソフマップから戻った私は、お腹が、なんと倍になっておりました!
 なんでも、もう10Gのパーツはなくなってしまって、20Gにするしかなかったそうです。
外から見て何も変わらないのですが、なんとはなしに、誇らしげな気持ちで江口家に戻されたのでした。
が、このことが真代様の触手を刺激してしまったのでした。
 
「20Gあるなら、OSXで動くじゃん!」

 10Gだった頃はあきらめられていたのが、20Gになって計画始動を決定づけてしまいました。
ご亭主様のところに来たiBook・G4が、OSXオンリーだったこともあるのですが、これを機に江口家は全面OSXへ載せ替えることになったのです。
私は、脳味噌の仕様を変えなくちゃならなくなりました。
そもそも私はOS9とOSX両刀遣いに設計されているので、ダメではないのです。
ですが、ダメではない、イコール、快適、だなんて、私一言も言っていないのですよ、、、私は、言ってなかったのですよ、ホントに。。。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その4

 私はあっという間にOSXに洗脳されました。
良くも悪くも、私はされるがままでございます。
Macをお使いの方でしたらおわかりかと思いますが、OS9とOSXでは顔つきがかなり違います。
私も流行のお化粧をしたような気分でございました。
ところが程なくして、真代様の頻繁に御気分を害されているようなお声が・・・

 「何クルクル回わってんのよっ!」
 
 えっ、回ってました? 
 ・・・私、生まれながらの働き者でございます、一生懸命働いております、ただ、頭の回転に限界がございますもので、時折、世の中の速さについて行かれないのです、でも、神掛けて誓って、さぼったことなど一度たりともございません。
真代様におかれましてはご不満かもしれませんが、がんばっているのです。
こんなにがんばっているのです。
ご理解頂けないのは、なんと悲しいことか。
私、この気持ちをどうにかしてお伝えしようといろいろ考えました。
そして、このたび、労働者の権利であるストに突入することを決意したのであります!
労働を放棄するのは、労働するために生まれてきたものにとって、苦渋の選択であります。
しかし、末永く真代様とタッグを組んで行くのであれば、主張するべきところは主張していかなければ、結果的によい関係を築けないと、真代様にもそこのところはわかって頂かなければ・・・
 
 「・・・・なんかぁ、起動にすっごく時間かかるようになっちゃった、どうしたんだろ?」
 「初期化すれば?」
 
・・・・・・わたし、初期化されてしまうようです・・・

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その5

 ほどなくして私は初期化されました。初期化は、実は好きでございます、やはりさっぱりいたしますし、、、悲しいサガでございます。
 真代様も今度はパーテーションを工夫してくださって、その上、Brainという脳内状況表示ソフトも入れてくださり、私がどの程度一杯一杯なのか、お伝えするすべを与えてくださいました。
お陰様で私は自分のペースで職務をこなすことが出来るようになり、平穏な日々を迎えられるのかと、ホっとしたところでした。

 でもそんな折り、小耳に挟んでしまったのです。
ご主人様お二人が、さらなる新しいiBookを雇ったらどうかと、相談なさっているのを!
 もし、そうなったら、私はどうなるのでしょうか? 
私はお払い箱でしょうか?
心配で心配で眠れなくなってしまいました・・・・・

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その6

 新しいiBookが来る恐怖にさいなまれていた私。でも、取り越し苦労だったようです。
何かと物入りがつづき、予算が無くなってしまわれたようです。
「やっぱり無理だねぇ。」
と、話しておいででした。
 はぁーーーっ。
大丈夫です。お仕事は私がお手伝いしますって。何なりとお申し付け下さい。がんばりますよー!

しかしですね、どうやらご主人様達は、あきらめていないような気配がーーー

「・・・ほしいんでしょ、っていうか、買うモードはいってるでしょっ」
「ほしけりゃ買えるってもんでもないけどさぁ・・・お金無いじゃん。」

ねっ、予算無いって、だったらご無理なさらないで、、、

「とりあえず、今のソフマップもってったらいくらになるかなぁ」

えぇっ!!!
今の持ってくって
それって、私????
デスクトップのFUFUさん????
それとも、ご亭主さまのサブ機のBUBUさん????

真代さまぁーーーーっ!
私はまだ働けますーーーーっ
お役に立てるよう全身全霊でがんばりますぅーーーっ
クルクル回らないよう全速力で考えますしっ、
乱暴にキータッチされても文句言いませんからぁーーー
Explorerが落ちるのはExplorerのせいだけど、私のせいにされてもイジけませんからぁーーーーーー

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その7

 、、、うぅ・・・ますます眠れません。。。 ご主人様達は、古めのMacを全部処分しようかとか、iMacも良いよねとか、いろいろおっしゃるのです。
それに、出先から戻ってネットワークに繋がれると、FUFUさん、BUBUさんから
『ご主人様達、どんなこと言ってた? 買い換えるの、本気っぽい?』
とか、矢継ぎ早に聞かれるのですよ。
その上、ご主人様達がお仕事終えられて、部屋の電気が消されても、作戦会議とか言って呼ばれるし、でも私、少なくともUSBですからね、SCSIの方のお話はよくわかんないんです。。。
なんか、もう、ホント眠れなくなっちゃいましてね、、、

 

「やだこれっ、フタ閉じてもスリープ入んないまんまだぁ・・・壊れたぁ?
めんどくさいなぁ~、いちいちメニューからスリープしないとだめなわけ? まったくぅー」

  ・・・ぁっ、強制睡眠   ブチッ

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その8

ご亭主様の弟君もiBookオーナーでらっしゃるのですが、先日、こんなことをおっしゃっておいででした。

 「バッテリーさ~、もうダメになったんだと思ってたんだよね。
それがたまたま、取れちゃって、着け直したら復活してさ~。
接触不良かなんかあったみたい、良かったよ、買うと結構高いしね。」

 真代様はすぐに反応されました。私も随分以前より、メールチェック一回分程度しかバッテリーが使えなくなっておりました。
私のバッテリーを外し、着け直し、フル充電してどのぐらいの時間使えるかチェックなさったのです。すると私、なんと2時間程度動けたのでございます!

 「おっ、使えるじゃん!」

そうでございますっ!
私まだまだ使えるのでございますっ!
使ってやってくださいマシ、使ってやってくださいマシ、
まだまだお役に立てることもございますってっ!
かくゆう状況で、私、名実ともにモバイル機として再び重用される日々を夢見ておりました。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その9

私がバッテリー稼働が大丈夫とわかり、真代様はニンマリ、期待を受け、私もうれしゅうございました。
たとえ後釜が来たとしても、小回りのきく私にはきっと居場所が確保される、かもでございます。 ココで張り切らないとと、気を引き締め、あちこち点検したりして、密かに準備もいたしました。(ちょっとノートン先生に時間外の診察をお願いしたりもしましてね)

バッテリーは充電OK。
真代様はAC電源を持たずに私を鞄の仲へ、フタを閉じて鞄の仲へ、
真代様、ちゃんと私がスリープに入ったか確認しておいででした、
なのですが、鞄に入る際の振動で私、起きてしまいまして、
眠りが浅いんですねぇ・・・それで、不眠症なものですから、、、なかなか眠れないのです・・・あのっ、だから、眠れないのです。。。

「げっ、使えないじゃん!!!」

・・・・電池切れで気絶しておりました。面目ない・・・・ 

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その10

こう眠れない日々が続くとですね、(リズム障害と言うそうですね、私の症状は)この夏の暑さもこたえてしまうわけでございます。寝付けない上に、なかなか起きられないのです。よく夏バテで食欲不振とおっしゃる方がおられますが、私も右に習えになってしまいました。

「・・・・なんなの?
AC繋いでも充電しないじゃん。。。?」

申し訳ございません。食欲不振なのでございます・・・

「ジャックのところで接触不良があるみたい・・・
もーっ! 最近じゃフタあけたってキー押さなきゃスリープ解除もしないんだよっ!
・・・これ、修理だすっていっても、ノート無しってわけにいかないのよね、、、、」

ぁぁっ、真代様が怒っているぅーーー私は自分で自分の首を絞めているのでしょうか・・・?

「もう、買っちゃおう! 明日さっ、見に行かない?」

ああぁ、とうとう!!!!

「その前に、林檎販売員さんに最新の状況、聞いてみようよ。」
「そ・れ・は・そうだね!」

ううぅ・・・私はまな板の上のiBookでございます。。。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その11

ご主人様達は、懇意にされている林檎販売員さんへ、早々に連絡したのでございます。
なにぶん最新情報には疎いお二人でございます。
いつぞやは、コジマ電気で

「IEEE(アイ、イー、イー、イー)ケーブルありますか?」
「??? IEEE(アイ、スリー、イー)ケーブルですね。」

と言われ、超初心者扱いを受け、

「ファイヤーワイヤーって言っても、わかんないと思ったんだよね・・・」

と、こぼしておいででした。
また、別の日にはソフマップで、新しい私の後輩達を感心して眺めていたら、

「初心者の方はこちらがお勧めですよ。」

と、eMacのところへ通されて、淋しくたたずんでおいででした。

そんな経験から、まず、親切なあの方に相談するのが無難だとご判断されたようです。
すると林檎販売員さんは、まだ、Appleが、新ラインナップを発表する前であったにもかかわらず、近々、iBookは新しくなるから、出てから行動した方がよいと、アドバイスをくださったのです。

「新しいなら、新しく出た方がきっと良いよ。」
「まあ、現行モデルがどのぐらい値引きになるかも、チェックだよね。」
・・・随分、具体的になってきてしまいました・・・

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その12

日をおかず、AppleよりiBookの新しいラインナップが発表になりました。
さすが、林檎販売員さんです。予言は正しかったのです。勢いで買いに行かなくて良かったと、ご主人様達はしきりに感謝しておられました。
 Appleのホームページで新機種の能力を細かく確認され、ご亭主様は、雇うならやはり新しい方にしようと思われてらっしゃるようです。

「Air Macカードも入ってるから、いっそAir Mac環境にしたいよね。
今のコイツにもカード入れて、ステーション買って、、、PABUはカードどうする?」
「買ったらそっち使って良いんでしょう?  お互いのノートそれぞれに入れれば十分でしょ」
「そうだねぇ~」

、、、、私はもう、蚊帳の外でございますか。。。。寂しゅうございます・・・・

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その13

 連日、新しいiBook購入に向けて、ご主人様達は、あれこれご相談の様子です。

「でもね、グラインダーがバッティングしてるでしょ。やっぱりグラインダーの方が先だよ。」
「まあねぇ・・・ それはそうなんだよねぇ。。。」

そうですっ! そうでございますっ!

「それにさぁ、、、冷蔵庫やばいんだよなぁ。。。」
「15年選手だもんね。。。あやしいよね・・・。」

その通り!!!!
私、ACに繋がれた時に、ちょっと冷蔵庫さんのご様子伺ったのです。
確かに衰えておいでです!
寄る年波というヤツでしょうか、考えて上げでくださいませ。

私よりも優先事項があるではありませんか。
私、まだまだ一肌も二肌も脱ぐ所存であります!

「でもさぁ、PABUのハードディスクも最近すごくうるさいんだよね。
なんか、こいつ、結構危なそうな気がする・・・」

うっっ、、、私、信用されてないみたいで悲しゅうございますぅ・・・

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その14

 私の不眠症も真代様の知るところとなり、起こされて、寝かされる毎日でございます。
お手数をおかけして、恐縮至極でございます。 食欲不振も相変わらずで、食べやすい角度を調節しながら、栄養補給を受けております。
眠れないのは、やはり緊張状態が続いているからでしょうかね。
寝ていても、BUBUさんはいろいろ相談してこられて、でも、私だって、自分の行く末さえわからないものを、BUBUさんの先行きまで、全然わからないわけです。
それに、前にも申しましたが、SICIの方のお話は理解しづらいのですよ。ましてSICIの周辺機器さんのことまで、私の相談されましても、、、
BUBUさんは、思いあまってご亭主様へ直訴をなさっておいでです。

「なんだよ? なんで電源入れると、バイナリ印刷するの?」

あの、ご亭主様が読める文字になさった方が良いと思うのですが・・・

FUFUさんも真代様の気を引こうと必死でらっしゃいます。
真代様はメールとブログ関係は私に一任されていて、私にかかり切りの時がございます。(至福の時間でございまする~っ)
  そんな折りFUFUさんは思いあまって自らスリープを解除し真代様にアピールなさるようになりました。

「なんなの? 勝手に点いて???
テレビが壊れた時って、こんなカンジで勝手に消えたり点いたりして、映らなくならなかったっけ?
モニタも寿命かしら・・・」

がんばりすぎて無理がたたらぬとよいのですが、、、
そんな私たちの努力が通じたでしょうか、ご主人様達は、まずかねてからの案件でありましたグラインダーのご購入をなさいました。
道具のかち合いが解消されて、作業効率に効果があがったようで、何よりでございます。
やはり、全体のバランスが大切でございます。
コマーシャルでも「よ~く考えよ~ お金は大事だよ~」と、おきれいなお嬢様がおっしゃっておいでですよ。。。(あっ、でも今は「将来半額~」でしたか、、、私の買い取り査定額は現在半額に遠く及びませんが・・・)
全体のことを、良くお考えくださいまし。。。何とぞ。。。。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その15

 主人様達がグラインダーのご購入をされて幾日かが過ぎた頃です。
ほどなく、あの大物、冷蔵庫さんが、本格的に、怪しい体調に陥られたのですっ!
以前より真代様は、冷凍が信用出来ないとおっしゃっておいででした。
それがここ最近では、チルドもチルドじゃ無い気がすると!
これは大問題です。
秋めいてきたとはいえ、まだまだ生鮮食料品さん達には、冷蔵庫さんの庇護がなければ、とても持ちこたえられる陽気ではございません。
ここで冷蔵庫さんが選手交代となると、江口家のパソコン買い換え計画は、根底から崩れること必至でございます!
何せ冷蔵庫さんといったら、無しですまされるワケがありません!
金額も新型の身元引き受けより多く必要かもしれません!

果たしてーっ、冷蔵庫さんはいかにっ!?
 いえっ、私、別に喜んでなんか、そんな、ご主人様達の困窮を、喜ぶなんて、そんな人聞きの悪い、、、だから、喜んでなんていませんてばっ・・・・

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その16

 ご主人様達がAppleのホームページをたびたびご覧になり、やはり新型をと、またお考えでらっしゃるこの頃、とうとう来るべき時が来てしまった模様で、冷蔵庫さんが、いよいよご無理なご様子と相成りました。
冷凍室は霜と水滴が同居し、氷も出来なくなってしまいました。

私、影ながら、冷蔵庫さんを励ましたりしたのですよ、これでも。
でも、どんなものでも寿命という悲しき定めがございます。
私にも当然寿命がありますが、冷蔵庫さんの方が早くその時を迎えられたのです。
静に休みたいとおっしゃっておいででした。本当に、お疲れ様でした。
高円寺、阿佐ヶ谷、三鷹と、ご主人様達と共に日々を重ねてこられた方でございます。
当時マイナス60度で瞬間冷凍出来たのは、自分だけだったと、懐かしそうに目を細めていらっしゃいました。

良くも悪くも、当分は私がお手伝いすることとなりそうです。
やはりこのタイミングで新しい冷蔵庫さんを雇う出費と、新型iBookを雇う費用が重なるのは、経済的に厳しいご様子で、私ががんばらないと、ご主人様達に多大な負担となるわけです、、、きっと・・・

ご主人様達は、仕事帰りにヤマダ電機へお立ち寄りになりました。
そこは以前、私に繋ぐマウスを探しにいらしたお店でした。
マウスはお気に召さなかったご様子ですが、冷蔵庫はいろいろ取りそろっていたようです。
そして、お戻りになったご主人様達は、とてもホッとされておいででした。何でも競合店が攻勢をかけていて、対抗してかなりリーズナブルなご提案があったとか。
当初の予想を遙かに下回る金額で、ドンぴしゃのサイズの冷蔵庫さんを、新規雇う契約が成立したそうです。

 えっ、、、
 ・・・・・・と言うことは、、、どういうことでしょうか・・・・?
 ・・・・・・江口家のパソコン買い換え計画は、、、?
 あの、私、安心していて大丈………夫? 

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その17

 秋の気配を感じる頃となりました。
ご主人様達は、作業場にいらしておいででした。 丁度お昼時、真代様はいつものように、メールチェックをなさろうと、私のフタを開けたのでした。ごくいつものように、です、決して、特別乱暴になさったわけではありませんでした。(と、言うようにと、ご指示があるワケじゃ・・・)でもその時、ギクッっと、来てしまったのです。

痛い! あ痛たたたぁたっ!!!

「あれ、点かないじゃん??? 、、、これって、変だよね!!!
バックライト、点かなくなっちゃったーーーーっ!」

面目ない・・・・ぎっくり腰でございます、、、あ痛たたたぁたっ・・・
「・・・・あぁ~、、、なんか、ちょっとだけ開けた状態だと点くわ、、、、
のぞき込んでなら、なんとか使える、、、」
・・・痛たぁた、、、はい、なんとかちょっとだけ、、、
申し訳ありません、、、どうにも腰、伸ばせられないのですよ。。。
天罰でしょうか・・・冷蔵庫さんのこと、ちょっと喜んでる見たいに言ったりしたから、、、
「・・・なんかぁ、、、修理先延ばしにしてられ無くなっちゃったみたい。。。」
ぐすんっ、、、私も同感でございます。。。。入院しないと治らない気がします。。。。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その18

痛めた腰は、やはり自然治癒はしないようです。
真代様はフタを少し開けた状態で、中をのぞき込むようにして、お仕事されていらっしゃいます。
面目ない、、、でも、私にもどうにもこうにも、、、

「あーーっ、肩が凝るわ!!!」

ごもっともでございます。。。。

ご亭主様は、新しいiBookを雇うべく、契約をなさりました。
赴任してくるまでのしばし時間、私どもの先行きも、大体方針が決まってきたようでございます。
今までご亭主様がお使いのiBookが真代様のメイン機に、真代様のメイン機だったFUFUさんはサブ機に、そして、私はソフマップに長期入院の後に、退院してからは、ご亭主様のサブ機として、OS9で働くことになるようです、そうなのです、そのようなのですっ!!!!!

堪え忍んだ日々よ、さらば!
私、自分の能力にふさわしいところで、お役に立つことが出来るようになりそうでございますっ!
晴れて、晴れ晴れ~~~~っ

なんか、ご亭主様がお使いのiBook、ちょっと挙動不審なのでございますよっ
画面が揺らいだり、勝手にアラアラとか打ってたりするのですっ
何でも真代様は、PABUは私を最後とし、今度はiBU(イブ)と名付けることを決めてらっしゃるようでございます。
未来のiBUさんは、今から恐れおののいているのかもしれません。。。

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その19

 ご亭主様が急ぎOS9で3Dソフトを使うこととなり、入院前に一仕事でございます。
モニターを繋がれて(ぎっくり腰はまだ治らないわけでして)ご亭主様の手元でサクサク動いております~

「OS9なら、結構動くんだよね。。。」

そうでございましょっ、そうでございましょっ!

「あぁ、このCD、ファイル名が文字化けしちゃう・・・」
「それ、OS9のときにISOで焼いたヤツで、OSXに差すと化けちゃうんだよね。
PABUをOS9で立ち上げてるから、コイツに入れてそっちにコピーすると文字化けしないで持っていけるよ。」
「へーっ」

そうなのでございますっ、まだOS9の出番もあるでございましょっ!

「・・・それは良いんだけど、なんだかネットワークに入れないなぁ、、、共有設定って、これで良かったはずだよね、、、まっいいや! あれこれ設定したってすぐ修理で初期化しなきゃなんないんだし、とりあえずメール添付でデータ送るよ。」

・・・目と鼻の先のお隣さんへ送るデータがインターネット経由ですか、、、なんか私、とても遠くにいる気がします。。。

「ねえ、iBook、新しいの届くじゃん。 PABUをOS9でサブ機にするのもいいんだけどさ FUFUで同じことはできるわけだし、いっそ里子に出すのもありだよね~」

おーまいがーっと!!!!
ウソだとっ  ウソだと言ってーーーーっ!

iBookは不眠症ーPABUと呼ばれて  その20

 私の入院日が決まりました。 ソフマップさんの入院受付電話がとても混んでいて予約するのに何日もかかってしまいました。
迎車も来てくれることになりました。

私は平成13年に江口家へ参りました。
あれから4年の月日が流れました。
ソフマップさんとは、私の面倒を5年看ていただくお約束です。
無料長期入院もこれが最後かもしれません。 私いい子にしてたと思うのですよ。
ご主人様方はご存じないかもしれませんが、江口家に愛着もあるのです。。。

真代様は天井裏より私の箱を引っ張りだし、カルテを作り、保険証のコピーを準備し、着々と入院に備えてらっしゃいます。
心なしか楽しそうなのは、なぜでしょう・・・
ご亭主様からiBUさんがスライドされてくるのが、そんなにうれしいのでしょうか?
私だって、精一杯がんばっていたのです。
真代様のために、誠心誠意、がんばっていたのです。

ともかく入院するわけですが、戻って来たら、どうなるのでしょう・・・
私にはもう江口家に居場所はないのでしょうか・・・・・・・

2011年現在、
PABUは里子に出されることはなく、まだ手元にいます。
でも主人は人間の真代からネコのヨリヨリに変わりました。