鳳凰を作っておりまして。

鉄の鳳凰製作中、全体写真。

長いことかかってしまっており、お客様にはお待たせするばかりで心苦しい日々でございます。

 

なんでそんなに、というのも言い訳じみて、なんと申しましょう、まさしく言い訳でございます。

 

設置場所はエントランス庇の上。
雨風に当たる。

 

対策として、
* ある程度の風を受けても大丈夫な強度が必要。
* 風を受けすぎない、受け流す形であるべき。
* 極力風による音を出させないように、振動を抑えることを考慮。
* 屋外用の塗装とし、塗装用のメンテナンスとして内部も再塗装できるように、分解可能構造にするべし。
* 重量をできる限り抑える。
*
そして、真近で見ることはできないので、離れて見ても密度を感じるディテール。
一見して鳳凰とわかる鳳凰らしさ、華やかさ。

 

鳳凰としていい作品であることブラスの必須条件がイロイロとございます。
あぁ悩ましい。

 

試行錯誤の連続となり、それは現在進行系。

 

こんなにお待たせしてしまったからには、本当に気に入っていただけるものを、なんとしても仕上げたいと格闘しております。