カセキの時間 「風光る -ツルニチソウ」

やらかく磨いたステンレス板の隙間から、ツルニチニチソウの枝が伸びているイメージを鍛造したステンレスで彫刻作品にしました。 オールステンレスなので、屋外設置が可能です

やらかく磨いたステンレス板の隙間からツルニチニチソウの枝が伸びているイメージを、鍛造したステンレスで彫刻作品にしました。

ベースの仕上げは上品な光沢を持ち、焼けた金属色を生かした植物の表情と対峙し上質なコントラストになっています。

優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスですので屋外設置が可能。

  • OKP-186
  •  サイズ : w455 d400 h580
  •  素材 : ステンレス



ツルニチニチソウの葉の表情。ステンレスを鍛造して柔らかい植物の感じを表現した彫刻作品です。
ツルニチニチソウの葉の表情。ステンレスを鍛造して柔らかい植物の感じを表現した彫刻作品です。

上に伸びているえだは光を求めて四方に葉を広げています。

ツルニチニチソウは名前の通り蔓性なので、枝が短めの時期しか真上には伸びません。

ツルニチニチソウの葉の表情。ステンレスを鍛造して柔らかい植物の感じを表現した彫刻作品です。
ツルニチニチソウの葉の表情。ステンレスを鍛造して柔らかい植物の感じを表現した彫刻作品です。

手前の枝は前方右横へ伸びています。

姿の違う枝2本が、勢いのあるツルらしいカタチを作ります。

ツルニチニチソウの葉の。ステンレスを鍛造して柔らかい植物の感じを表現した彫刻作品です。葉の表面は荒れた表情に作っています。

葉はステンレス板の鍛造です。

鉄と違い鍛造した際の表情に奥行きが少ないと感じたので、表面を荒れたように作ることにしました。

やらかく磨いたステンレス板の隙間から、ツルニチニチソウの枝が伸びているイメージを鍛造したステンレスで彫刻作品にしました。 ベースのステンレスの仕上げは上品な光沢です。

ベースは上品な光沢を持つように、オービタルサンダーで磨きました。

設置の際に10cm程度飲み込みになる予定だったので、少し高さがある状態で作っています。

10cmぐらい沈んだ状態で、バランスがいいようにバランスをデザインしてあります。

実際の設置では飲み込みにならずそのまま置く形になったのですが、ちょうど良い見下げの位置になりバランスも問題ありませんでした。

やらかく磨いたステンレス板の隙間から、ツルニチニチソウの枝が伸びているイメージを鍛造したステンレスで彫刻作品にしました。 ベースの仕上げは上品な光沢を持ち、焼けた金属色を生かした植物の表情と対峙し上質なコントラストになっています。
鍛造の焼けを活かした植物部分と静謐なベースでが上品なコントラストになっています。

全てステンレスですが表情の違いが際立ちます。

やらかく磨いたステンレス板の隙間から、ツルニチニチソウの枝が伸びているイメージを鍛造したステンレスで彫刻作品にしました。 オールステンレスなので、屋外設置が可能です