P.Parade ーペンギンシリーズー

世界が創られた7日間から7つの動きを取り出して、
一匹のペンギンが啓示を受け、
歩き出し、調子に乗り、反省して振り返る一連の動きを
7つの形で表現します。
オーストラリアのフィリップ島に生息する世界で一番小さいペンギン
フェアリーペンギン(コガタペンギン)と同じ大きさになっています。
ペンギンの作品「P.Parade」は、様々な場所で展示、設置されています。



    • マンションに設置されたポリレジン製のペンギンオブジェ。 一匹のペンギンが啓示を受け、歩き出し、調子に乗り、反省して振り返る一連の動きを 7つの形で表現しています。 オーストラリアのフィリップ島に生息する世界で一番小さいペンギン フェアリーペンギンと同じ大きさになっています。

      P.Parade

      マンション・ファインストーリアでの作品です。小川の両岸にペンギンオブジェがお目見えしました。

    • 東京数寄屋橋の富士銀行のウィンドウで展示されたペンギンオブジェ。 一匹のペンギンが啓示を受け、歩き出し、調子に乗り、反省して振り返る一連の動きを 7つの形で表現しています。 オーストラリアのフィリップ島に生息する世界で一番小さいペンギン フェアリーペンギンと同じ大きさになっています。

      Penguin Parade

      1998.8~11 東京数寄屋橋の富士銀行のウィンドウで展示されたPenguin Parade。

  • 千葉県船橋市海浜公園で開催されたアートイベントでのペンギンオブジェ。 一匹のペンギンが啓示を受け、歩き出し、調子に乗り、反省して振り返る一連の動きを 7つの形で表現しています。 オーストラリアのフィリップ島に生息する世界で一番小さいペンギン フェアリーペンギンと同じ大きさになっています。

    BPF Art展’84

    ちょっと懐かしい、
    ペンギンシーズ・デビューの作品です。千葉県船橋市海浜公園で、浜辺で寝泊まりしながら作った47羽のパレードでした。

 

ペンギンのオブジェ。 一匹のペンギンが啓示を受け、歩き出し、調子に乗り、反省して振り返る一連の動きを 7つの形で表現しています。 オーストラリアのフィリップ島に生息する世界で一番小さいペンギン フェアリーペンギンと同じ大きさになっています。 ペンギンは7体それぞれに名前があり、性格も違います。

 

ペンギンは1体毎に名前があり、性格も違っています。
7体の一連で基本形をなしますが、組み合わせを変えることにより
情景に合わせて物語を語り出し様々な雰囲気を醸し出すことが出来ます。

 

1992年、オーストラリアへの旅行で フィリップ島の
フェアリーペンギンに会いました。
世界で一番小さいペンギンで、 大人でも20数センチの体長しかありません。
どこから見てもか弱く、臆病な彼らは 驚くほど凶暴に生きていました。
「かわいい」なんて人間の勝手な感傷で
かわいい彼らはとてもたくましい「生き物」でした。
印象を昇華して作品にするのに2年の時間が必要でした。

ペンギンはその昔、
動物を食べることを禁じられていた人たちに
魚の一種として食されていたそうです。
日本でもウサギは一羽と数えて食べていたのだから言えた義理ではないのですが、
この事実は、ペンギンを食べるという発想のなかった私にとっては衝撃的でした。
ペンギンは動物なのか魚なのかという分類分けの時点ですでに、
人を悩ます存在だったわけです。

■ P.Parade ■

あの日キミが心をきめて、あたらしい世界へ

おそるおそる左足をふみ出し、

右足をふみ出し、

勢いづいて、調子にのって、すべってころんで、

反省して、ふりかえっていたのを

ボクはこっそりと見ていたんだ