クルル村の虹の湖

西の山にあるというクルル村。
キャラの濃い住人達はお互い寛容になれず・・・

[pdf id=6013]

スライドショーには JavaScript が必要です。

 


個性ってなんだろうなぁと思ったりするのです。

 


ものを創ることを志したりしていると、
周りの人からかけ離れているほど、とがるならとがっているほど
価値があるように感じられるときがあります。
個性が強いことは良いことなのだと。

 


そして、その人の一般感覚の欠落こそが魅力であり、羨望であり。

 

でも、創ったものはあまりかけ離れてしまうと、
受け入れてもらうことが難しかったりする。

 

欠落の顕著な人も、実は多くの人から疎まれ、排除されたりする。
個性を伸ばす教育をとよく聞くような気がするんですが
ほとんどの子は、小学校に上がるときランドセルをしょっている。
ほとんど同じカタチの。

 

クルルはご存じの通り蝶番でして、
私が朝起きて家から外に出るまで、
最低限3枚の扉と関わらなければならないので、
6つのクルルをヒントとしました