たそがれのミケ

黄昏時が似合うネコのミケは、相変わらずのマイペース。
日だまりで、しあわせそうなネコのスケッチ集です。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。


 


Youtubeで、ショートムービー仕立てにしたものを公開しています。

江口真代の絵の本「たそがれのミケ」 黄昏時が似合うネコのミケは、相変わらずのマイペース。 日だまりで、しあわせそうなネコのスケッチ集、ショートストーリーをミニムービーにしたYoutubeへのリンク画像

 

下は、pdf絵本仕立てのショートストーリー版です。

絵と言葉 江口真代 「たそがれのミケ」

 

もうずいぶん昔、
家に猫が居ました。

タマと言いました。

頭の良い猫でした。

猫が大嫌いなお隣さんの床下で子供を産みました。

タマのことを思い出すと

もっとかわいがってあげれば良かったと、ちょっと寂しいです。

時が経ち、縁あって、

今また家にネコが居ます。

タマとは違って、
どうもかしこそうは無く
ひたすら太りつつある
タヌキにそっくりな

「みんと」といいます。

タマにしてあげられなかった分も
かわいがってあげたいと思っています。