R-1で自家製ヨーグルト その1

 


ヨーグルティアはそもそもヨーグルトを作るために買いまして、ちょこちょこ自家製しております。
このところ、R-1で作り続けております。

何故にR-1?
実は私、鳥インフルエンザ恐怖でございます。。。
何時か、空気感染するように変化するのじゃないか、そうなった時、パンデミックになってしまった時に庶民にワクチンが行き渡るかしらん、、、
もしもの時のために何か出来る対策はないものか??

心配しててもしょうが無い。
唯一、出来うることで効果的と思われたのが、「インフルエンザにかかりにくくなること」でございました。
それでR-1。腸内環境を整えるのでございます。

 

せっせとヨーグルティアで増量しておりますが、果たして自家製した物に市販品と変わらない有用な乳酸菌が相当量作れているのか、これは正直謎でございます。
ただ、菌を混ぜないと発酵しないものが、ちゃんと発酵しているので、まっ、いっか、程度でございます。
それでも、なんの対策もしないよか良いと、そういうことにしております。

 

何故に豆乳?
以前は牛乳で作っておりました。
豆乳に変えたきっかけは昨年暮れの人間ドックでございます。
諸々検査する中で、「血管年齢」というものがあったのですが、これの結果が「年齢相応」というものでございました。
看護師さんに「歳相応だと安心しますよね。」と、お声がけ頂きましたが、私、甚く不満でございました。なぜなら、その前年は「年齢マイナス10歳」だったのです!

なんてこと!

今年の暮には年齢プラス10歳ってことか!?

それで血管年齢の状態を良くする手立てを色々調べまして、食事内容、運動等、いろいろ改善点はあまた見つかったのですが、その中で気になるものが。。。
それは「毎日牛乳を摂っていると改善しない、ヨーグルトでも同じ、ヨーグルトを食べるなら豆乳にすべき」という情報でした。

ホント????

真偽の程は定かではございませんが(私、専門家でもお医者でもないので)、まぁ、それなら豆乳に変えてみようか、と思ったわけでございます。

 

さて、作るに当たりまして、です。

 

まず、豆乳はどれにするか?
私は写真の通り、スジャータさんを使っております。
私の行動範囲で手に入りやすい豆乳は、スジャータさんと紀文さんです。

飲用として、よく紀文さんのものを購入しておりました。
飲むなら、味はこちらのほうが好きです。小豆っぽいというか。

ですが紀文さんで作ると、凝固が強くて、空気にたくさん触れたであろう上のほうがピンクに色が変わったりして、ヨーグルトとしては好みではありませんでした。
スジャータさんだと、ネットリめでヨーグルトっぽくできるのでこちらばかりになりました。

牛乳はどちらのものを使っても仕上がりにさほど差を感じなかったのですが、豆乳はかなり違いが出るようです。

 

つらつらと、前置きが長くてごめんなさい。
作るための情報は次回にいたしますです〜