カセキの時間「天の雫 ハイビスカス」

華やかなハイビスカスをモチーフにしました。
重厚なソリッドの円と組合させることで、植物の繊細で軽やかな面を際立出せました。
葉は面と線で表現し、重なりながら透け感があります。
すべてが鉄で出来ていますが、仕上げの違いで素材の色を活かし、鉄の表情の違いを感じられる作品です。

 

  • OKP-092
  •  サイズ : w500 d230 h600
  •  素材 :

 

 


  ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。花の写真。

ハイビスカスの花びらは細かいシワがたくさんあります。
ごく薄い鉄板に細かいハンマートーンを入れて、花びらの感じを模してみました。

ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。花の写真。

ハイビスカスは夏の似合う華やかな花です。
生き生きと風に揺らぐ姿は強い日差しを連想させます。

ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。蕾の写真。

ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。葉の写真。

葉は細かい丸いハンマートーンをいれて、柔らかく張りのあるカタチに整えました。
線の葉もラインの太さに変化をつけました。

ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。葉の写真。

ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。ベースの写真。

円は寝かせた鉄のサビをそのまま活かした表情を使いました。
ベースは磨いた鉄を焼き、黒錆の状態を作りました。

どちらも鉄ですが、色味、質感の違いがよくわかります。
半艶クリア塗装仕上げなので、室内にあるかぎりはサビの進行は抑えられ、違いを楽しむことができます。

ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。全体写真。

上を向いた花の凛とした姿が、伸び伸びした印象です。

ハイビスカスの花をモチーフに、大きな円と組み合わせたアートオブジェ。大きく繊細な花びらが華やかです。面と線の葉で変化をつけ、重厚ながら重厚ながら植物の儚さも感じさせます。全体写真。