カセキの時間 「遥かなる」

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分の構成です。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。

優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスですので屋外設置が可能。

タマアジサイ部分は鍛造、板は上品なサンダー磨きの仕上げです。

  • OKP-185
  •  サイズ : w600 d690 h1680
  •  素材 : ステンレス



ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分です。

一番高い位置に付いているタマアジサイです。

上に伸びていく力を秘めている姿になるよう構成しました。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分です。

板の切り替え部分から生えているタマアジサイです。

植物は、こんなところからと驚くような場所から芽吹いたりしますよね。

的確に日光を求め最短距離で枝葉を伸ばす植物は、何を感知して迷わずに進むのでしょう。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分です。

一番低い位置のタマアジサイです。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分の構成です。

高い方の板の上部、タマアジサイの構成です。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分です。上から見ると蕾の丸さがよくわかります。

蕾の部分は大きさの違う花弁が幾重にも重なってできています。

咲き溢れる間近の様子を模しています。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分、蕾のアップです。

ステンレスは鉄より硬いと言われますが、ほんとに硬いです。

鉄は叩いた部分が伸びて、穴が開くまで叩くこともできますが、ステンレスは固く締まって動かなくなる感覚があります、腕力での話ですけど。機械使えば別でしょうね。

でも以前鉄で作った『化石の時間 遥かなる」と比べても、遜色ない優しい雰囲気に纏めることができました。
かなりいいセンいったと自負しています。

いい感じにできるまで、すごく時間かかっちゃったんですけどね。
(お待たせして申し訳ありませんでした。)

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 タマアジサイ部分、葉のアップです。

葉の部分のアップです。

ハンマートーンが良く残っています。叩き込みすぎると、もっとのっぺらしてしまうようです。

鍛造の際の焼けはそのままにアジとして使うことにしました。磨いてしまうとなんだか工業製品ぽく見えたので。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。 板の断面アップです。プラズマ溶断面、手切りの微妙なブレ感が独特なアジを醸し出します。サンダー磨き面の上品な質感と対比になっています。

板部分は、ステンレス板をプラズマで手切り溶断しました。

溶断面をそのまま使い磨いて仕上げとしています。

平面はサンダーで磨き、上品な質感に仕上げました。

鍛造した植物部分と、良く対比になっていると思います。

ステンレス板の隙間から小さなタマアジサイが生えて、つぼみをつけている彫刻作品です。優しい表情の植物表現、静謐な板全てステンレスです。板は上品な磨き仕上げで、個人邸坪庭に設置になりました。

個人邸の坪庭に設置になりました。

玄関を入ってすぐ目に入るところで、とても光栄でした。

 

■ 遥かなる ■

遥かなる連続した流れの中で
小さな切り返しやズレを見逃さずに
静かに静かに侵攻する
誰にも気づかれなくても
誰にも賞賛されなくても
声高に主張することはなく
静かに静かに侵攻する